栃の木まいたけ 那須バイオファーム/栄養がスゴイ!

栃の木まいたけの「栄養がスゴイ!」

人気の理由その2

栃の木まいたけの美味しさは豊富な3種アミノ酸にあった

一般的な舞茸と比べて、栃の木まいたけの方が旨みがあるのは、旨みの決め手となる代表的なアミノ酸3種が豊富に含まれていることが理由です。「アスパラギン酸」「グルタミン酸」「アラニン」が一般的な舞茸より約3~4倍多く含まれています。

「栃の木まいたけ」VS「一般の舞茸」アミノ酸3種比較

■アスパラギン酸

体内の老廃物の処理をし肝機能を促進させます。利尿作用があり有害なアンモニアを体外へ排出し、中枢神経系を保護します。また、カリウムやマグネシウムを細胞内に運び、疲労物質である乳酸をエネルギーに変える手助けをするため、疲労回復などの作用があります。皮膚に対しては代謝を活性化させる作用もあるといわれています。

<アスパラギン酸の健康効果>

・疲労回復効果

・体調を整える効果

・アンモニアを解毒する作用

・スキンケア効果


■グルタミン酸

日本で最初に発見された旨み成分で、昆布ダシの旨味成分として知られています。リラックス成分であるGABA(ギャバ)を生成し、アンモニアを解毒、尿の排出を促進する効果や脳の機能を活性化する効果もあります。人体内に最も多いアミノ酸で多くの生体内代謝に重要な成分です。

<グルタミン酸の健康効果>

・アンモニア解毒作用/利尿効果

・脳を活性化する効果

・脂肪の蓄積を抑える効果

・美肌効果

・血圧を下げる効果


■アラニン

アルコールの分解を促進し肝機能を保護します。また、血糖値を下げるインスリンの分泌を促し、脂肪分解酵素を活性化するとも言われています。運動時のエネルギー源であるグルコースも生成するため、長時間の運動時に必要な成分でもあります。

<アラニンの健康効果>

・肝機能を改善する効果

・持続的な運動を支える効果

・スキンケア効果


→ その他の栄養素についてはこちらをご確認ください。

まいたけの凄さ 栄養面について




ページのトップへ戻る